<< ご馳走三昧 | main | 節電生活 >>

巨大地震

地震から約48時間経過。
*徒歩圏外へでかけるのが怖い
*常に食べてて完全に過食
*スカートがはけない(気分的に)

地震のあと、8時間ちょっと停電しただけなのにこれ。
今もまだ停電・断水している世帯も多く、
それどころか、孤立状態で飲食も十分でない人たちのことを思うと、
今回の地震だけでなく、これまでの震災でもそのような人たちのことを思うと、
本当に胸が苦しくなります。
これまでニュースで色々な情報に触れていたけど、
結局どれもこれも他人事だったな、、と。

阪神大震災よりも怖い。
あのときはまだ守られる存在だったけど、
今は守るべき人がいるという立場の違いもあるんだろうけど。

地震の時はちょうど、2駅隣りの小児科で予防接種を終え、
帰宅しようと車に乗り込もうとしていたときでした。
地震が収まり、帰ろうと思ったら、信号が動いてない。
そんな中、結構大きな交差点でも譲り合い、大きな混乱なくスムーズに帰ってきて、
マンション下の店舗が真っ暗なのを見て、ようやく停電に気付いた。
それまで、なんで信号止まってるのか理解してなかった。
停電だと、家のなかで花瓶とか割れてたら掃除機使えないし
片付けどうしよう、、と思いつつ家へ入ると、特に割れている物もなく。

その後、お昼ご飯くいっぱぐれていたお嬢さんにごはん食べさせつつ、
余震の度に抱っこして玄関ドアを開けに行き、もっとごはん〜と文句を言われる。
電話も通じないし、どんどん暗く寒くなってくるし、
かなり迷い、緊張したけど、ご近所宅へアポなし訪問。
ちょうどコンビニから帰ってきたところということで招き入れていただき、
お互い食料や物資を提供しあい、結局一晩一緒に過ごさせてもらった。
子ども達も真っ暗な中なぜかハイテンションでゴキゲンに過ごしてくれて助かった。
この状況で母子二人で不安に過ごしている人も多いよね、、と話しつつ、
近くに頼れるお友達がいて、本当に良かった!

昨日・一昨日は、不安や安堵で何度涙したことか。
地震翌日に出かけて、着物で歩いている人を見たときはぎょっとしたけど
たぶん着物で出かけてるわけではなく、
昨日着物着てたら帰れなくなったんだろうと、納得。
デパートの服飾品とか普通に売っているのも、
しかも買っている人がいるのも、ちょっと信じられない。
さすがに早めに閉店するということで、常識ある対応だと一安心。

明日からはパパも会社だし、
たぶん関東では停電以外もう当面大きな混乱はないだろうし、と自分に言い聞かせ、
明日からは通常通り生活できるといいな。。

被災地の人たちの安否も気になるけど、
今は自分のことでいっぱいいっぱい。ごめんなさい。



コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座