<< 姉のWedding | main | 入籍 >>

まりっぢぶるぅ?

(姉の披露宴のあと、親戚の人たちと「トントンを囲む会」。
「お互いのどういうところを気に入ったのか」とか
「競輪や競馬をやったことがあるか」と、トントンの結婚面接(笑)
トントンは誠実にお返事して、合格みたい。


私もおばあちゃんに合格をもらいました(*^▽^*)
お題は「どこが気に入ったのか」
答え「一緒にいて安心できるところ」
結婚暦50年を超えているベテランから合格のお墨付き♪ふふふ


そんなこんなでトントンは日帰り、私は大阪にもう一泊して別々に帰ったんだけど、、
空港からの帰りのバスのなかで、いろんなことを考えてしまった私は
いろんなことが不安になって、自信なくて、涙がとまらなくなってしまった。。
一生懸命ほかの事を考えて気を紛らわそうとするんだけど、
何を考えても、連想ゲームのように同じところに考えが戻ってしまって。
もう途中からはただただ泣きたい感じになってしまって。。。
きっと、まわりのひとは不審に思ったよねぇ、、、ごめんなさい。


とりあえず、バス降りるときは一生懸命泣き止んで。
で、バスのおりばまでトントンが迎えに来てくれたんだけど
「なんでなみだ目なの」っていうからまだ思い出して泣き始め。。
「なんで泣いてるのか話して」って言われても、泣いてるとしゃべれないし。
ちゃんと話さないと、トントン怒ってる風になるし。
とりあえず「泣き止んだらね」って言って、
一生懸命違うこと考えて泣き止んで
で、いろいろ考えたことを説明するとまたないちゃうから
「不安になったの」ってだけ答えたら
「一緒にいたら安心なんでしょ。大丈夫だよ」ってぎゅってしてくれた。
ほんとに泣き止んだ。不安じゃないわけじゃないけど。大丈夫。


姉の披露宴でも「何でも器用にこなす」という枕詞がついていたし、
久々にお会いした父方の親戚の人も「本当によくできたお嫁さん」って母のことをほめてくれていたけれど、
娘の私から見ても、本当によくできた母で。
(・・・って書いてたらまた泣けてきた)
そんな母を見て育った私としては、あれが奥さんとしても母親としてもあるべき姿で。
でも、そんなのできないよぉ。。。って。ヽ(;´Д`)ノ


お姉ちゃんは旦那様のご両親と同居だから、それはそれで大変なこともずっとずっと多いとは思うけど、
実家が近くてうらやましいな、私も近くがいいなって思って。
でも、私は近くに友達もいるし、先輩もいるけど、
母は、娘を3人も育てながら、父の転勤について、知っている人のいない場所あちこち引っ越しながら
あちこちでお友達つくって、上手にやってきたんだわって思っても、それはそれで自分が情けなくなってきて泣けてきて。


気を紛らわしに、夜ごはん何しようかなって考えたら
疲れたなぁ、お外がいいなぁ、、、、って母ならちゃんとつくってくれるよ、って思って
またまた自分が情けなくなって。。。。ってぐるぐるぐるぐる。


大阪と神奈川で遠いって泣いてたら、SHoKoさんに笑われちゃうわね(´・ω・`)








コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座